気ままにストレスLife

固い仕事人(金融機関)のストレス解消法・健康法・つぶやき

コロナ新型ウイルスの影響のない企業が緊急特別融資活用はあり? 

コロナ新型ウイルスの猛威が収まらない世界そしてわが日本

ここの状況で政府は緊急特別融資を制定

震災など未曾有の事態に対応していた緊急特別融資

ついに発令され金融機関は大騒ぎ

 

しかし、この事態に内部留保もあり事業も今のところ影響のない企業からの申し込みが増加

それはなぜか・・

まず優良企業のコロナ騒動に便乗した資金調達

そなわち業績が良くこのコロナ関連に影響のない(今のところ)企業

内部留保も厚く特段資金不足の可能性はないが、低金利(利子補給)による資金調達で事業展開などにストックしておきたい企業

そして

将来的な不良債権をさけたい金融機関

各金融機関にとってもともと業況の悪い企業で今回の新型コロナウイルスで追い打ちを掛けて業況が悪化した企業は、この資金を投下しても一時しのぎで近い将来倒産するのは目に見えていると判断している

それなら日頃融資についてアプローチしても中々了承してくれなかった企業に低金利(利子補給)を提案し取引金融機関としての関係構築に利用

 

そう・・

飲食業や旅行業・イベント業など瀕死の状態の企業支援より優良企業との関係構築にやっきになっているのである

 

金融機関に勤める者であれば現場の状況は理解できると思います

 

確かに不況業種への取り扱いを拒否しているわけではありません

 

拒否できない状況だから拒否してないだけで本当は拒否したいのが実情

なぜ拒否できないか・・それは政府・金融庁からこの状況において金融支援を遅滞なく行うように通達が出てるからです

この通達には各金融機関は戦々恐々で苦情のでないように対応してるのが実情

 

すなわち金融機関の優先順位は①優良企業②コロナに影響受けた普通企業③コロナの影響受けた不良企業

そしてコロナの影響が見えないと判断した不良企業には支援停止で倒産に追い込むことも考えられます

 

本当に怖い金融機関

 

でもその金融機関で働く職員は上記対応を身を削る思いでしているのが実情です

 

考えさせらますね・・

 

コロナウイルスで金融機関は不眠不休!全国の金融機関で特別融資パンデミック!

コロナウイルスの影響は世界中に広がっています

当初はアジア中心でしたがヨーロッパも深刻な状況で経済が疲弊してます

日本もコロナウイルスが広がっていますが経済的低迷はウイルスの広がりより早く広がってます

特に飲食業・イベント業など顕著で資金繰りが厳しい状況

その状況で政府は特別支援としてコロナ対策の特別融資を発表

民間金融機関と日本政策金融公庫で扱う特別融資

金利と認定取得で保証料免除

日本政策金融公庫は利子補給も行い過去最高の条件での取り扱いに事業者の相談が増加

対象業者の拡充で実際影響のない業種もこの低金利政策に便乗して申し込み

政府からこの制度をつくったんだから金融機関は相談受けたらちゃんと対応して倒産なんかさせるなよ的な発表が・・

事業者はこの政府の発言をたてに金融機関に早期融資を訴ったえる始末

 

全国の信用保証協会が保証して金融機関が融資

正直もう融資できなような事業所もこの制度のおかげで融資ができる可能性も

あくまでも金融機関の判断に任せるという恐怖の制度

融資に追われる行員が全国にあふれているはず

コロナウイルスの影響で大変なのはわかりますが

金融機関も大変です

無能な若手職員を抱える中間管理職は相談から申請から融資取り組みまで一連の流れを自ら行い

この状況でも働き方改革のいう地獄のキーワードを発し定時退社・休日出勤拒否する行員へのストレスは半端ないでしょう

特別融資パンデミックは全国の金融機関で起きてます

若手職員以外・・

 

コロナウイルスが来る前にストレスで自宅謹慎になる可能性が・・

 

 

 

パワハラ告発に怯えた上司が部下から逆パワハラ!今の銀行に常識です!

パワハラは上司から部下へ・・

 

これはもう昔の話

今はパワハラを逆手に取った逆パワハラが横行してます

 

わたくしが務める金融機関ではこのようなことが

 

出来の悪い部下に熱意ある上司が何度も何度も社会人の常識や仕事のやり方など

怒るというより叱るという感じで教えていました。

周りはよくもまぁ、あんなやる気のないダメな奴に教えるよなって感じでその上司に感心してました。

すると先月その熱血上司は僻地に左遷・・その上降格

そのバカな部下が根の葉もない嘘のパワハラを本部に告発していたのです。

 

その告発を確認することなく辞令が・・

その恐ろしい人事異動に管理職は戦々恐々

若手職員は少し怒られたら本部にいいますよって感じで好き放題

 

人で不足の銀行は若手職員が辞められては困る

管理職は給料が高いから辞めてほしい

この悪魔の方程式に見事パワハラが都合がいいのです

 

どんどん銀行に仕事レベルが低下しているのは誰でもわかるのですが、この人材難のほうが優先なのです

 

そしてその状況に嫌気がさした優秀な行員は辞め残るのは無能なベテランと無能な若手と肩書にしがみつく行員ばかり

 

銀行はブラック企業と成り下がったのです

 

いや・・昔からブラック企業だったのかも

 

肩書と給与面の優遇で我慢出来てた過去の銀行はもうありません

 

身の振り方を考える行員ばかりです

 

もちろんわたくしもその一人です・・

 

転勤はサラリーマンの宿命!地獄となるか天国となるか!銀行は8割地獄です!

 

3月

 

そろそろ金融機関は転勤の内示がでる時期です

 

普通の会社と違い金融機関はちょっと違います

 

それは・・

各支店の支店長の裁量が大きく作用します!

 

それは何を意味するか

 

「好き嫌いが大きく起因する」ということです

 

支店長に裁量で「残す」か「転勤」かはたまた「飛ばす」かです

 

わたくしも優秀な先輩が支店長揉めて僻地に飛ばされた事例を何度も見てます

 

怖いですね~

 

最初は怖かったんですが慣れましたね~

 

わたしはあまりゴマすりは得意な方ではありませんが奇跡的に飛ばされたことはありません

 

飛ばされるだけならいいですが出世もできない人もチラホラ

 

言うことは正論で仕事もできるんですが、やはり金融機関はある程度の役職がないと内外からの評価が低くなり発言力は低下していまいます。

 

それが原因で退職する人も・・

 

この2月3月はその転勤の内示で退職を決意する人が何人もでる死の2か月です。

 

年度末はただでさえ忙しいのにこのストレスは半端ないです。

 

暖かくなり🌸も咲く季節

 

下ばかり見て桜の花に気付かないことのないような人事を期待!

 

 

 

 

ブスが美人に見える?銀行員の不思議な法則

毎日、金融機関という変人・変態が多い職場で働いていると世の中の常識とかけ離れた意識を持つことがあります

SIX-CHANGE

その中で特徴的なのが女性行員への容姿判断です

それは・・・

毎日仕事をしていくとブスが美人に見えるのです

意味ががわかりませんよね

わたくしも金融機関に入り2~3年目くらいまではよくわかりませんでした

入社した時5年先輩の上司がいたのですが・・

あきらかにブスな女のコを「かわいい」

どう見ても美人を「あいつはダメだ あの見た目に騙されるな ブスだ」

と言っていました

最初はこの先輩だけだと思っていましたが

他の先輩も皆同じようなことを言っていました

わたくしは「この銀行大丈夫か」と思いましたが

何年か働いていき自分もその先輩のようになってしまったことに気付きました

それではなぜ気付いたか

それは友人(同じ銀行ではない高校時代の友人)と居酒屋で飲んでいた時、たまたま同僚女性行員二人がその店に入ってきました

すこし会話をしてその二人は奥の席に行くのを確認して

わたしは友人に言いました「右のショートカットの子かわいいだろ、左はだめだけどな・・」と

すると友人は目を見開いて「逆だろ~左の子がかわいくて右の子はブスだぞ~」

わたくしは衝撃を受けました

入社した当時にあの先輩と同じになっていたのです

その後この話を会社のある先輩に話すと的確な答えが・・

なぜブスが美人に見え美人がブスに・・

答えは二つ

①毎日、長い時間顔を合わせていると容姿より内面を見ることが多くなる

 窓口での客との対応

 同僚の悪口

 支店長などへの甘えた声(し~て~ん~ち~ょ~う)

 同僚へのいじめ  など

②美人行員に熱を入れ過ぎてストーカー・セクハラで退職・解雇となる人が多い

 前回もお話しましたが行員同士の交際や不倫が多いため、男女のイザコザがあちら

 こちらで起きています。本部に知られた時点でかなりのペナルティーですがそれでも

 勉強ばかりしてきた真面目ちゃんは恋のアクセルを止めることができません。

 結果、セクハラやストーカーで人生を棒に振る人が後を絶ちません。

 その人生を棒に振った人たちが熱を上げてた女性行員は皆俗にいう一般的に「美人」

 に括られる人達なのです。ですので潜在意識の中に容姿端麗な「美人」には気をつけ

 ろって気持ちを皆持つのかもしれません。

 

 上記の2点は他の業種・職種でもあるかもしれませんが、変人が多い金融機関のよう

な閉鎖的でストレスにまみれた会社では群を抜いて多いのです

 

 わたくしも知らず知らずのうちに、この意識崩壊をしてしまったのです。

 

 美人には注意 

 これが「ブスが美人に見える」銀行員の悲しき性です( ノД`)シクシク… 

 

 

 

 

 

熾烈な出世争い 泥沼の足の引っぱり合いに勝たないと銀行員に未来はない

熾烈な出世争い 

重要書類の破棄や本部への通報

銀行は加点で評価されるわけではなく

減点で評価を下げていく評価

ですのでミスがあるとどんなに業績を上げても評価されません

そう「問題」を起さないことが評価されるのです

 

わたくしの経験上

出世争いの負けるのはいつもお人よし

ただ真面目に仕事をして人の悪口も言わず責任を全て自分で被るお人よし

出世するのは自分の評価が下がらないように部下や上司を売る最低な奴

ただ人間関係に人一番気を遣ってます

出世はほどほどの仕事能力とゴマすり人脈

 

これが現実

仕事のことばかり考えている人と根回しゴマすり人脈最低人と40歳過ぎると差がでてきます

銀行員の出世は成果やお客様の評価ではありません

 

これをうまく理解でき行動に移せる人はストレスはないと思います

いかがでしょうか?

暴露 銀行の融資なんて担当者次第 やる気なし担当者にあたった会社の末路 

中小企業の経営者の皆様

取引銀行とうまく付き合っていますか?

不満はありませんか?

ありますよね

必ずあると思います

 

なぜなら同じ銀行でも担当者によって全然対応が違うから

建設業や卸売業や小売業など急な資金需要があり真剣に銀行に相談しますが

担当者が動かない・・・

動いてくれない・・

そんな声を何百回いや何千回の聞いてきました

銀行員として暴露します

真剣に取り組んでいない輩ばかりです

担当の会社が倒産してほしくないですが倒産しても給与が減るわけでもないですし

融資をしたからといって給与が増えるわけでもない

そんな無責任な銀行員が多いのが現状です

わたくしの上司の話です

やる気もなく早く家に帰ることばかり考えているバカ上司でしたが

担当の鉄工業に社長から融資の相談を受けていました

支払手形の期日の2か月前に融資金1500万円の相談

業績は厳しいものの今までの取引振りと担保力・返済財源を見れば十分融資可能な先でした

しかし、融資が決済されず不渡りとなり倒産

のらりくらりと時間ばかりかかり通称「蒸す」という行為でした

銀行も責任を取りたくないために最善を尽くしたとの説明で社長に説明しましたが

融資結果を伝えたのは2日前で他の金融機関とは融資取引もなく1500万円なんて金額到底無理な話でした

社長は「なぜ早くだめならだめ教えてくれなかったんですか!」と言ってました

そりゃ言いますよね

でもその担当は話すのも逃げて上司の丸投げで上司もその緊急事態に対応できず、最悪の結果になったのです

 

後日その担当である上司にその件について聞いてみると

「仕事にやる気が出ないしなんか本部とのやり取りが面倒だから融資したくなかったんだよ」「客と本部との板挟みなんて嫌だから」「融資しても俺の収入が増えるわけじゃないから」と平然と話してました

 

倒産したその会社は負債を抱え破産

家族は離散

工事現場で交通整理の旗を持つその会社の元代表者を見た時はさすがに胸が痛くなりました

そんなことをつゆ知らずそのバカ上司はのうのうと今でも勤務してます

出世はしてませんがそれなりの地位と収入を得ています

 

これが現実です

銀行員はストレスが多く大変ですが・・

一番大変なのはやる気なし担当者にあたった会社なのかもしれません